スポンサーリンク

高級メロン「高い値段」にはワケがある

野菜&果物の話

ジューシーなウリ科の植物メロン。

 

日本人はメロンが大好きで、マスクメロンの世界最大の生産国、消費国はともにわが国ニッポンなのです。

 

原産地は西アジアからアフリカ地域。栽培は古代エジプト時代には始まっていたとか。

 

日本に入ってきたのは明治33年、イギリスから。スイカと同じウリ科であり、野菜のキュウリ属でもあります。

 

え、果物なのか、それとも野菜なのか、と思いますよね。農林水産省では果実的野菜として分類されていますが、広く果物として知られています。

 

贈答品としても活躍するマスクメロン。百貨店などへ行くと丁寧に桐箱に納められ、1個2万円なんてものまであります。でも、どうしてそんなに高いんでしょうか。

スポンサーリンク

冷暖房完備の室内で育てられる

私は子供のころから、とにかくメロンが大好きです。冷蔵庫の扉を開けるとメロンを発見…なんてことがあったら、あなたもきっとホクホク顔になるはず。

 

そんなメロンは果肉の色によって

 

・赤肉系

・青肉系

・白肉系

 

の3つにわかれます。

 

さらに育て方もさまざま。冷暖房完備の室内で温度を一定に保ち、光が入りやすいようにガラスやアクリルを使用した建物で育った温室メロン

 

ビニールハウス栽培育ちのハウスメロン。特別な設備がなく、自然の元で育つ露地メロン。

 

メロンと一言でいっても、種類や栽培方法が変ってきます。

メロンは現在約400種あり、おなじみのプリンス、アンデス、アムスなどのものから、クネクネとヘビに似た長い果実が特徴のヘビメロンなんてものまであるんですよ。

 

その中でもやっぱり人気なのが、高級メロンの代名詞でもあるマスクメロン。

 

この品種もいろいろありますが、特別高価なのがアールスフェボリット種など香りのよいアールス系メロンです。

厳密な管理でコントロール

温室栽培のアールスフェボリット種ですが、高い値段にはちゃんとワケがあり、まず一般のハウス栽培メロンと比べると床が違います

 

地面に直接植え付けるのではなく、

 

・水分や養分を

・コントロールし

・殺菌をすました

 

特製の土を盛ったベッドの上だけで育てられるのです。

 

一般的には網目がないプリンスメロンや、果皮が鮮やかな黄色のキンショ―メロンなどは露地栽培アンデスやアムスメロンなどが、地面でのビニールハウス栽培

 

一方、清潔なベッドを用意され、冷暖房設備が完備されたガラス温室で育てられるのは、アールスフェボリット種だけ

季節に関係なく、いつも室内は昼は30℃、夜は25℃に保たれ、夏にはエアコン、冬にはヒーターまで準備

 

光合成により二酸化炭素が少なくなるため、閉め切った温室では空気中の約2倍の二酸化炭素が送り出されています。

 

プロは一つ一つのメロンが、今どれくらい水を欲しがっているのか、太陽の光や養分をどれだけ必要としてのるかが分かり、特別なベッドでの栽培により厳密なコントロールが可能になるのです。

メロンの網目はカサブタ!?

メロンは、品種によって網目模様がある「ネット系」とない「ノーネット系」に大きくわかれます。

 

高級感あふれるのアールスフェボリット種には立体的な網目が張りめぐらされていますね。

 

でもこの網目って、実は初めからついてるワケではないのです。

 

着果後10日前後の実を見ると表面はツルんとして、まだ網目はありませんけれども着果後15~20日頃から1週間がネット発生の時期。メロンの表面にヒビ割れが始まります

 

内側から「もっと大きくなるぞ!」と果肉がどんどん成長するパワーに果皮が耐えられなくなって、割れてしまうのです。

そしてメロンは傷をふさごうと内側から果汁を染み出していきます。

 

その後、ヒビ割れが直った場所は膨れ上がり、カサブタのようなものができます。これがメロンの網目

 

つまり、高級感あふれるメロンの網目模様はカサブタだったんですね。

 

マスクメロンを選ぶときは

 

・網目模様が

・しっかりと盛り上がり

・左右均一に

 

張りめぐっているものを。

 

特に網目が左右均一ということは、全体にまんべんなく甘さが広がっているという証なんです。

ツルのTの字はメッセージ

メロンについてるTの字のツル。見ためだけでも高級メロン感がありますね。

 

実はあのツルもアールスフェボリット種が高価なもう一つのワケなんです。

 

通常種子まきから約50日経つと、1株から3~4個ほど卵サイズの実がなります。この段階で一番良い実だけを残し、他をもぎ取ってしまいます。

 

1株に1個だけ残し大事に育てられることがアールスフェボリット種の身上。養分全てをこの1個に集中することで、見た目・味ともに最高級のメロンとして確定されます。

 

収穫時では実のすぐ上で切り取らず、龍頭(りゅうとう)と呼ばれるTの字のツルを残して出荷

 

このツルには「1株に1個だけ、大事に育てました」という農家の方々からの熱いメッセージが込められていたのですね。

食べ頃の見分け方

・おしりを指で押してみて、やわらかい状態

・ツルが細く枯れている

・表面の青っぽさがなく、少し黄色味を増している

・メロン特有のかぐわしい香りが高い

・中心を指ではじいた時に「ボンボン」と鈍い音がする

 

保存方法

買ったメロンは冷蔵庫には入れず、熟すまで常温で。食べる数時間前に冷蔵庫へ入れ冷やすのがベスト。

 

切ったものは、種子とワタを取り除き、ラップをきっちりとかけて冷蔵庫で保存。ただし冷やしすぎると風味が落ちるの注意が必要。

 

最後に

・日本人はメロンが大好き

・ガラス温室は冷暖房設備完備

・高級メロンはベッドも特製

・メロンの網目はカサブタ

・ツルのTの字は大事に育てたメッセージ

 

種子まきから約100日間、手間隙かけて育ったメロンは、まさにウリの王様

 

わらかい果肉と甘い香りが魅力のメロンを、ぜひたっぷり楽しみましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました