いったい何が違うの!?ピッツァとピザ

「ピザって10回言って」

「ピザピザピザピザ、、、」(肘を指さしながら)「んじゃ、ここは?」

「ヒザ…。」

私が子供のころ、おまじないのように唱えていたお馴染みの10回クイズ

最近は知らず知らずのうちに「ピザ」を「ピッツァ」なんて気取った言い方をしています。

同じPizzaだけども、あれ?そもそもこの2つの違いって何でしょうか。

「ピザ」って、実は世界中でも日本だけ!?

ざっくばらんに言うと、イタリア式とアメリカ式の違いです。

飲食の業界では

・イタリアから直接日本に伝わったのが「ピッツァ」

・イタリアからアメリカで広まり

・日本にやってきたものが「ピザ」

と格付けされているんです。

それのみか、アメリカではPizzaは「ピッツァ」って発音します。つまり、日本だけが「ピザ」と「ピッツァ」の2つを使い分けているんですね。

【ピザ×〇〇】のコラボが実現!?これぞニッポンのお家芸!

南イタリアの人々の郷土料理であったピッツァは、熱烈的にアメリカに歓迎され、たちまち大ブーム。

その後どんどんボリュームアップとカスタマイズを繰り返しながら、冷凍ピザや宅配ピザのシステムもつくり上がりました。

日本の家庭でもオーブントースターの普及により、冷凍ピザやピザトーストが食べられるようになると、パンにチーズとトマトソースをのせてた焼いたのはピザ。とういのが形になったというわけです。

以来、デリバリースタイルのアメリカンピザの影響で、日本人はトッピングが超大好きに

あれもこれものっけてしまう現在のスタイルになり、おまけにピザまんからポテチはピザポテトに至るまで、バラエティー豊かなピザ味が生まれたんです

生地は味わうもの

ボリューミーなアメリカのピザとは打って変わって、ナポリピッツァはちょっと控え目だなァ、、、と感じるほど具がシンプルなもの。

というのも、ナポリの日常食であるピッツァは何よりも安くて、生地がとびっきり旨いことが求められるからです。

しかし、こうしたイタリア式のピッツァを初めて食べたときは衝撃的でした。

高温の薪窯で焼かれた生地はモチモチで、トッピングはトマトとモッツァレラチーズといった極めて純粋な味。「これが本当のピザかぁ~」と感動しました。

似ているようで実は違う「食べ方」って!?

ナポリピッツァはあらかじめカットされていないので、手際よくナイフとフォーク

・二等辺三角形に切ってから

・中心(頂点)からクルクルと2回ほど外側に巻いて

・大きければ一口サイズに切り

カッコ良くいただく、というのが主流。

というのもイタリアではピッツァは一人一枚が前提でシェアしません。それとは反対にアメリカと日本では一枚をみんなで分けるため、

・あらかじめカットしてあり

・生地が厚くて巻けないので

・手っとり早く

カジュアルに手づかみして食べるのが主流です。もちろんどちらでも構いませんが、ナイフとフォークを使ったほうがスマート感がありますね。

「冷めて」もおいしい「生地」の条件

「冷めてもおいしい」

言うまでもなく、ピッツァは焼きたてが一番。けれども生地がベストな状態であれば、冷めても味はキープできます。生地がベストな状態というのは「きめ細かい気泡の詰まったしっとり艶やかな生地」のことです。

生地の基本材料は小麦粉、塩、水、酵母の4つで、それを手でこねる(専門店ではだいだい専用ミキサーを使います)そして熟成、発酵させます。

個性的な生地の食感はグルテンと気泡の二本柱グルテンはモチモチ感、気泡はふっくら感、それぞれの役割を果たすことで作りあげられるのです。

ナポリピッツァの場合「薪窯で焼く」というが条件の一つ。そしてベストな状態に仕上がった生地の厚さを均一にのばし、炉内が400~500℃に上がった窯で焼き上げます。

焼き方にも非常に大切なポイントがあり、いかに水分が抜けすぎず、かつ短時間で芯まで火を通し焼き上げるかが勝負になってきます。

こうして焼き上がったピッツァは、パリッとしてふっくら軽やかな食感で、冷めても生地に旨味が出ておいしいですよ。

プロは裏面をチェック!?おいしいピッツァの見分け方

業界的に「ガチでピッツァを食べるときは裏側をチェック」するというのがあります。

たとえば裏面を見たとき、一番外側の縁から中心まで焦げ目が均等についているのはOK。逆に白かったり黄色にくすんだ焦げ目はNG。これは打ち粉がついたまま焼き上げた証拠。

一方、表面はチーズが完ぺきに溶け切っているが焦げてないのがOKチーズが焦げて溶けてないのがNG

とはいえ、意図的に粉チーズをかけて焦がしたりするお店もあるので、見た目で判断するのは手を焼きます。

ちなみに僕は、、、チェックしません。

最後に

・イタリアから直接日本に伝わったのが「ピッツァ」

・イタリアからアメリカで広まり日本にやってきたものが「ピザ」

・食べ方はナイフとフォークを使ったほうがスマート

・生地が完ぺきであれば、冷めてもおいしい

・プロはピッツァの裏面をチェックする

「ピッツァ」と「ピザ」。

1880年代に南イタリアの人々が移民としてアメリカに渡り、同時にピッツァもアメリカに上陸。このことから日本は2つの「PIZZA」に恵まれました。

大人気のピッツェリアで伝統を重んじたり。日本で独自に育ったピザをたのしんだり。ぜひPIZZAを愛してきた人々の歴史を味わいましょう

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク